Container GCP

GCPUGさん主催のGKEのお勉強会にいってきました件

(Kubernetesのチュートリアルが完全に終わってない...)

ちょっと前に参加した「GCPUGさん主催のGKEのお勉強会にいってきました」の件をようやく書き終えたのでどどーんと投下。

今回は女子会でした。GCPUG女子会。

女子〜な集まりは大抵ニガテなんですが、エンジニア女子の集まりは、なんかとっても ゆるふわなところが多くて、行きやすいと感じる今日この頃。

この日は

Cloud AceのGCP認定トレーナーさんが講師でした。(あとサポートにGoogleのエンジニアさんとかいた)

配布資料がなかったので、メモだけ。ググったメモも追加してます。

GKEとKubernetes

Kubernetes自体は、GCPだろうとAWSだろうと同じ〜

Kubernetesの世界をイメージする

  • マトリョーシカのイメージ
  • どんどん潜っってくイメージ

用語解説

クラスター
  • いちばん外側のハコ
NodePool
  • コンテナを起動するためのもの
  • ひとつのクラスタ内で全てが同じように構成されたノードインスタンスのサブセット
  • 特定のノードプール内のノードはすべて同一になる
  • default node poolってなんだっけ?
  • さまざまなマシンタイプを使用して、クラスタにノードプールを作成することができる
NodePoolはスペックによって分ける
  • Webサーバーのスペックは軽めでいい
  • DBのワークロードをのせるには、メモリがたくさんいる(リッチマシンタイプが必要)

という要件によって、NodePoolを選択する。

たとえば、ローカル SSD、最小 CPU プラットフォーム、プリエンプティブ VM、特定のノードイメージ、より大きなインスタンス サイズ、またはさまざまなマシンタイプを使用して、クラスタにノードプールを作成することができます。カスタム ノードプールは、他より多くのリソース(メモリやローカル ディスク容量など)を必要とするポッドをスケジュールする必要がある場合に便利です。

Google Cloudより

Node
  • VMインスタンスのこと
  • NodeはVMインスタンスで起動している
  • NodePoolにあるNode(GCE VM)は複数のゾーンにまたがって配置することができる
その他メモ
  • 本番で運用するの、けっこう大変です

ここからクーバの話

って言ってた。

KubernetesチュートリアルにNodeの話は出てきたけど、NodePoolは出てこなかった。。GKEの機能なのかな。

Pod

  • Nodeの中にPodがある
  • ひとつのPodが複数のコンテナを起動できる
  • KubernetesのスケールはPod単位でおこなわれる
  • Podの設計はymlファイルに記載する
  • 設計図にはいくつか種類がある
  • Podを作るのがKuberの仕事

Service

  • Podにトラフィックを流す
  • ユーザーがアクセスしてきたら、Podにつなぐ
どうやってサービスを受け付け、Podとサービスを紐づけるか
  • Ingress -> Service → Pod

hoge.com/a

↓ ロードバランサーの外部IPに対してアクセス

Ingress(= GCPのHTTPLBが起動している)

ServiceA  / ServiceB (NodePort, LB)

ServiceA

PodA / PodA

ServiceB

PodB / PodB / PodB

Podを作るのに必要なもの

ReplicaSet
  • 同じ定義の複数のPodを作成し分散に備える
Deployment
  • ReplicaSetにバージョン管理がついたもの
  • RollingUpdateした後に元のバージョンに戻すことができる
StatefulSet
  • 分散データベースなどのステートフルなコンテナに使用する
  • Podに対して永続ディスクが割り当てられる(モンゴちゃんとか、カサンドラちゃん とか)

NodePortをメインにお勉強する

ハンズオン中なぅ

メモ

  • 1つのゾーンにつき何個のノードを起動するかオプション
  • NUM_NODES
preemptible(プリエンプティブ)オプション
  • 開発するときにに安くGCPが利用できる
  • 24時間以内にストップするGCPのオプション
  • 東京7割引の値段で使えるインスタンス?
  • GKEでpreemptibleしても消えない(本番では使わないこと)

yamlファイルを確認しながら、流れをチェック(ここから、他人が読んでもわからんかも・・自分メモ)

  • kubectl apply -f nginx.yaml

Podを作る設定図

deployment.yml
apiVersion: apps/v1
kind: Deployment
metadata:
  name: nginx
spec:
  replicas: 3 ←重要(レプリカ数)
  selector:
    matchLabels:
      app: nginx ←★一致させる
  template:
    metadata:
      labels:
        app: nginx ←★一致させる
    spec:
      containers:
      - name: nginx
        image: nginx:stable-alpine
        ports:
        - containerPort: 80
        readinessProbe:
          initialDelaySeconds: 30
          httpGet:
            path: /
            port: 80
        livenessProbe:
          periodSeconds: 60
          httpGet:
            path: /
            port: 80
        resources:
          requests:
            cpu: 200m
            memory: 100Mi
          limits:
            cpu: 200m
            memory: 100Mi

★ほしの部分、どのラベルを持ったPodを自分のレプリカとしてもつのか

  • どのコンテナを使うかを containers: のところにかく
  • Yamlのハイフンは配列を表してる!!(知らんかった!)
 - name: nginx 名前はなんでもいい
    Image: nginx:stable-alpine   ←タグ DockerHubにあるnginxの種類 alpineっていう(アルパイン)単語(タグ)を覚えておくといい
  • Image コンテナイメージ
アルパイン
  • 軽量なOSのイメージ
  • とっても軽くてスケールしやすい
  • コンテナは軽さが正義
  • アルパインをイメージしてwebサーバーを作ればいい
  • アルパインはコンテナ会の常識らしい
readinessProbe
readinessProbe:30 ←30秒
  • レディネスプローブ
  • ヘルスチェック
  • 準備状態を保証
  • そのコンテナに、トラフィックを流しても大丈夫ですか?とかしてくれる
  • 最初に30秒待った後に、Getリクエストをルートパスの80番に流す(yamlファイルに80番が指定されていたら)
  • 正常に帰ってこなかったら、リクエストを流さないでくれる
livenessProbe
livenessProbe:
  • 生きてますか?
  • コンテナがお亡くなりなったらコンテナを再起動してくれる
  • ワークロードの問題があってもコンテナを自動起動してくれる
Resource
  • コンテナがどこまでリソースが必要で、どこまで使っていいかをしていいか指定する
そのほか

Requestsとlimitsを使って、リソースを確保する、ノードプールのスペックを決める、ノード数を決める?

ここまでがデプロイメントのお話

 

service.yaml
apiVersion: v1
kind: Service
metadata:
  name: nginx-svc
spec:
  type: NodePort ←このPodを担当したい??
  selector:
    app: nginx
  ports:
  - port: 80
    targetPort: 80
ingress.yml
apiVersion: extensions/v1beta1
kind: Ingress
metadata:
  name: nginx-ingress
spec:
  rules:
  - http:
      paths:
      - backend:
          serviceName: nginx-svc ←ココ★
          servicePort: 80
  • このイングレスに到達するすべてのトラフィックはinginx-svc★の80番に流す
  • Podの80番に流す(container port80へ流す)
  • イングレスはIPアドレスをもっている

メモ

  • Kubectl(キューブコントロール)
  • 自動スケール
  • 水平Podスケール
  • Horizontal pod autoscaler(ユーザからのリクエスト数に応じてオートスケールができる)

最初の勉強は難しい本を読むより、Nodeport、Ingres、どうゆうyamlを書いたら動く?って書いてやったほうが良い。概念はあとにして、作りたいものを、まずyamlファイル書いて動かすべし。

Goで書いたAPIサーバーをクーバでどう動かしたらいいんだろう?って考えてみるとか

  • ワークロードは、Podが最小単位
  • 例えば、DBとその状態を監視するコンテナや、APサーバと、HTTPSの末端となるNGINXなど
  • Pod内にはPrivateな仮想IPが振られており、Pod内のコンテナは、localhostで通信する

--

Podの作成の仕方には二種類あり、AP系(基本系)と、DB系がある

AP系は

  • Deployment→Replicaset→Pod

という順で定義。Replicasetは同一のPodをn個作成する為のもので、DeploymentはReplicasetとほぼ同様だけど、敢えてDeploymentにする事で、ローリングアップデートが可能になる。

直接Podを作成するのではなく、Deploymetとして定義することによって、オートスケーリングやローリングアップデート、設定によってはオートスケーリングも可能になる。

あと、自分が所属しているTech系NPOのメンバーで、スタートアップ起業なぅなKubernetes猛勉中の若者に色々教えてもらった。。

どんどん触っていかないとわからんなぁ〜。

-Container, GCP

© 2021 Mikke's blog