outing

NYC3日目 - Citi Bike でサイクリングの巻

ニューヨーク3日目の朝。

結構肌寒い。

 

デリで朝食を調達。

 

道路広いし、車もでかい〜

 

セントラルパークへ向かう途中。道広い。。

 

さっきのデリで買ったサラダと昨晩ダイナーライクな店でテイクアウトしたパンケーキ。

 

アサイーヨーグルト。これは美味しかった。まずいパンケーキにのせて食べました。

ニューヨーカーは、毎朝こんなデカイサイズのものを食べているのか・・大きくなるはずだ。

 

ホテルをチェックアウト。次の宿泊先のチェックインが午後だったので、荷物の預け先を探す。

SCHWARTZ TRAVEL SERVICES

こちらで、キャスター付きの荷物を預かっていただきました。

1つ10ドル。

でも、後々よく考えたら、ホテルで預かってもらえたかも。

 

浅草橋みたいだな・・

この日はパパがチャリに乗って、ブルックリン・ブリッジを渡りたいというので、

↓これ

Citi Bikeのアプリを使う。

これですね、、自分のスマホは電話が使えなかったので、SMS認証とかできなくて、自分のiPhoneでは使えませんでした。日本でインストールとクレカの設定していった方がいいです。

 

場所によって機械がマスターカードオンリーで、自分はアメックスとVISAしか持ってこなかったので、次もし来ることがあれば、マスターも持ってこようと思ったのでした。

パパがiPhoneを2台持っていたので1台借りた(常々、2台もいらんだろ!と思っていましたが、役に立った)

現在地 → ワールドトレードセンター → ブルックリン・ブリッジ だいたい30分くらいでしょうか。

自転車はワンデーパスポートを購入したのですが、30分以内にステーションに返さないと延長料金取られます。ステーションはどのステーションに返却してもいいのですが、20分くらい走ったら、ステーションを探さなくてはなりません。ステーションに空きがないと、別のステーションに返却しなきゃいけない。どこのステーションにどれだけ自転車が停まっているかはアプリで確認できます。

こんな感じ。

 

いざ出発。

 

ハドソンリバーサイドのサイクリングロードを通ります。

けっこうあります。たどり着けるかな。

 

川沿いに、大きな道路と並行して自転車用の道路があります。

 

休憩。お天気がよろしくない。

 

ここはどこかなぁ。

 

けっこう、みんなスピード出しています。こわい。

 

チェルシーマーケット。行ってみたかったけど、またの機会に。次があるかわからんけど。

 

自転車用の信号がある。

 

ハドソンリバーバークのテニスコート。テニスラケット持ってきたのですが、けっこう並んでいたので諦めました。

 

 

ワールドトレードセンター跡地へ向かう。

ここら辺は高層ビルが多くて、道路も綺麗で洗練された感じです。西新宿っぽいかなー。

 

ワールドトレードセンター跡地。

 

ここまで浮き足立ってワクワクしてきましたが、ここではそんな気持ちは飛んでしまいました。胸が詰まる。

 

アートな建物があったので入ってみました。

 

シンメトリー。

 

地下鉄の駅かな。

 

市内のあちこちでスマホが充電できる電柱みたいなのが立っています。若者が寝そべって充電しながらスマホいじってるのが散見されました。近所にこんなのがあったら、うちの子らもお友達と入り浸ってそうです。

ブルックリン・ブリッジを目指します。

橋を渡る前に、自転車を一度ステーションに戻す・・ってこれがけっこう疲れるー。20分おきにステーションを探して、探して、ひたすらトライアスロン・・。

 

ブルックリン・ブリッジ到着。ここまで長かった!

にしても、すごい人です。休日だから?

 

晴れていたらサイコーなのになー。

 

ブルックリン到着。

 

ブルックリン市内をうろうろ。黒人さんが多いです。橋渡る前と全然街の雰囲気が違う。

 

スポーツ洋品店に立ち寄る。

 

軽くブルックリンの雰囲気を味わったので(ウソ。全然味わってない〜食べてみたいバーガーがブルックリンにありましたが、そんな時間もなく・・)マンハッタンに戻りますー。

 

マンハッタンブリッジ。ブルックリンブリッジとはうって変わって、がらんとしています。自転車専用だから??

 

ちょっとダークな感じです。

 

イーストリバー。

 

半分くらいまで渡った。長い(距離が)・・。

 

マンハッタン島に戻ってきました。チャイナタウン!?

 

また雰囲気が全然違う。

 

自転車は疲れたので、地下鉄を探す。

 

地下鉄見つけたけど、なんか貼ってある。読めない・・・

 

Microsoft 翻訳

Microsoft 翻訳
開発元:Microsoft Corporation
無料
posted withアプリーチ

このアプリしゅごいです。前はTranslatorとかいう名前でしたが・・いつの間にかMicrosoftになってる。

カメラでパシャりとすると

即翻訳。Wifi繋がってないとダメだけど。

スマホがあれば世界中どこでもいけそう。最近DMM英会話はじめたけど、あと数年もすれば英会話自体不要になったりして・・。

駅をいくつか探したのですが、どこも電車が動いていない・・

 

しかたないので、またチャリです。

 

また、けっこうな距離を移動。一方通行が多いので、戻る方向を探すのも一苦労でした。

 

自転車をステーションに戻し、次のお宿、AirBnBホスト宅を探します。

 

ホスト宅のキーはセブンイレブンにあるようで

 

店内のキーボックスから鍵をゲット。

 

ホスト宅。

お部屋には誰もいませんでした。

この後、預けた荷物を取りに地下鉄に乗り、タクシーを捕まえて戻りました。

戻ってきたのは、また23時くらい・・翌日も早いのでパパより先に寝ましたが、パパは夜な夜な部屋の中でネズミに遭遇したらしい。

あ、Citi Bikeですが、ステーションのスタンドにしっかり自転車をガッシャンとはめ込まないと、戻せていない状態になってることがあるので、戻せたかどうかはアプリで確認(出来んのかな?)した方がいいかもです。自分は戻したと思ったのに、スタンドにちゃんハマってなかったのか、40分以上課金状態になっていて焦りました。誰か乗って行っちゃってたらヤバかった。。(パパすまん・・・)

3日目は観光、4日目は、USOPEN決勝戦ですです。

つづく

 

-outing

© 2021 Mikke's blog