GoLang

「プログラミング言語Go」オンライン読書会

朝から英語とFlutterやるぞ、と意気込んでいたのに家事でおわってしまいました。

名もなき家事・・多すぎるぞ。

ほんじつは、第1回『プログラミング言語Go』オンライン読書会 に参加しました。

  • はじめに、参加者の自己紹介
  • 柴田さんの自己紹介
  • 翻訳秘話

などをお聞きしました。翻訳権とかあるんだー、とか思った(世間知らず...)

 

めもめも。聞きこぼし&勘違いして書いてしまってることもあるかも。

日本語によせて / はじめに

CSP

  • 言語ではなく概念

ごルーチン

  • スタックって普通は固定されてるものだけど、Goは可変
  • Javaはスレッド1こ2MB
  • Javaでは何万個も作るのはむりだけど、Goだとできる

Fread Brooksの法則

  • 「遅れているソフトウェアプロジェクトへの要員追加は、プロジェクトをさらに遅らせるだけである」
  • プロマネの法則

ジェネリクス

  • 実装予定であるらしい

第1章 チュートリアル

goコマンド

  • フロントエンド的に呼ぶのがgoコマンド
  • 裏でコンパイラやリンカーが走っている

go build

  • 引数を指定しないと、ディレクトリ名のバイナリファイルができる
  • 引数(ファイル名)を指定すると、ファイル名のバイナリファイルができる

go build と go run

go run

  • テンポラリーなところにテンポラリーな実行ファイルが生成される(同ディレクトリ内に実行ファイルは作成されない)

go build

  • ディレクトリ内に実行ファイルが生成される

doc.go

  • 慣習的に、パッケージの説明が長い場合は、ソースコードに書かずに doc.go に書く。

GO111MODULE=off

  • モジュールシステムを無効にする

演算子のオーバーロード

  • まえがきあたりに、演算子のオーバーロードは提供していないとかいてあるが、言語としてはオーバーロードする演算子がある(+だけ)

セミコロン

  • 文の終わりの改行は暗黙的にセミコロンに変換される

乱数

  • goのrand.Seedは、明示的に設定しないと常に1(Javaはランダム)

感想

  • むずかしくて、ついていけないところもあったので「おぉ、そうなのか」ってところだけメモりました。もっとためになるよもやま話はたくさんでてきたのだが。。
  • 13〜17時まで、10分の休憩を3回はさみながらの長丁場!(意外としんどい...)
  • 次回も参加する〜

 

-GoLang

© 2021 Mikke's blog