GoLang

10分GO 11日目

今日は、お仕事終わってからGO友Aちゃん(一人増えた)に、Docker+Angularの構築付き合ってもらった。

GoLand上にあっという間〜。すごい〜。

夜はWomen Who Goさん主催のGOのお勉強会に行ってきました。

講師のメルペイさんにシールもらいました。かわいい☺️

GO

メルペイの @tenntenn さん、説明がすごくわかりやすい上に、例えが上手。しかも面白い。

眠いので、メモだけ

Goが開発された理由
C++ -> go
Googleのシステムが巨大になりすぎてC++ではまかないきれなくなった

コンパイルエラーと実行時の話

実行しないとわからない
1+1をしたかったのに1*1しちゃったみたいな(文法的にはOKなんだけど)

Webサーバの場合はずっと実行されている
代わりにHTTPハンドラを読もう

読んでみます!

Goのプログラムの構成要素の理解が大事!!
基本5つしかない!!

  • パッケージ
  • 関数
  • 変数
  • 定数

どの言語でもそうだけど、他の人が作ったプログラムは「どうやって入力してるのかな」とか「どうやって出力してるのかな」とか、どういった構成で動いているかを見よう

実数はコンピューターでは扱いずらい
実数をコンピューターで扱いやすくしたのが浮動小数点数

ルーン
rune = 1文字(マルチバイトも含む)
rune = 1byte
どんな時に使う?
fmt.Printf("%c",'世') 絵文字も使える
fmt.Printf("%c",'🌟')

string runeの集まり

fmt フムトパッケージって呼んでる人もいる

%+v
%#v ちょっと詳しく出る(型とかまで出してくれる、構造体の時便利)

fmt.Printf("%#v\n", Hoge{N:100})
fmt.Printf("%+v\n", Hoge{N:100})

初心者🔰向けのお話が多かったんだけど、ふわんとしかC言語記憶してなので、なんかいろいろ知識をブラッシュアップできたです。

 

明日はGo Web API サーバーの作り方を調査するよ〜

-GoLang

© 2021 Mikke's blog