piano

一年半ぶりにピアノを調律

ピアノの調律を毎回スガナミ楽器さんにお願いしています。

調律後、1年経つ少し前くらいに、そろそろですよーといったハガキをいただくのですが、すっかり忘れて半年・・・。

毎度のことですが、1年半ぶりに調律をお願いしました。

鍵盤、長女が反抗期真っただ中のとき、暴れて欠けたとです・・・。

次回、張替してくれるそうです。よかった。

 

まずは、音をチェック。

 

カバーを外したところ。

 

いっつも、なんか挟んでる・・・と思ってたとです。

なので、聞いてみる

 

中音と高音は、3本の弦で一つの音をだしているそうで、1本1本音を確認するために、布を挟んでいるんだとか。

ちなみに低音になるにつれ

弦は2本、1本と減っていくらしいのです。

 

1本の弦につき、重さ100キロくらいの力が常にかかっているそうで、それが、1音×約3弦×88鍵・・・ということはピアノ1台で、2トン!

すごい力で引っ張っているので、時間が経てば緩んできて音が狂うのだとか。

ほえー。知らなかった。

 

アップライトとグランドピアノの調律、どっちが大変か聞いてみました。

グランドピアノは座って作業できるらしく、アップライトは立ちっぱなしだから、アップライトの方が疲れるらしいです。

 

次は1年後。またお願いします♪

 

 

-piano

© 2021 Mikke's blog